カードローンをつくる前に考えるべきこと

私が50万の金を借りたとき、万が一の対策をとっていました。それはキャッシングとカードローンの違い、カードローンの仕組みの研究でした。これらを研究しておかないと、ローンが徐々に増えて不利になっていくと思ったからです。

キャッシングとカードローンの違いにおいて、キャッシングの場合、借りたお金は翌月一括で返済するのが原則です。カードローンの場合、利用限度額範囲内であれば、繰り返し自由に借りることができますが、返済は、各件に個別に指定して払う分割払いと残高全体を毎月返済するリボルビング払いになっています。私はここでカードローンでお金を借りました。毎月返済するリボルビング払いなら、少しずつ返済できるからです。

カードローンの仕組みにおいて、約定返済、随時返済の2種類の返済がありました。約定返済は多くの業者の商品で採用されているシステムで、毎月決まった日に返済します。その日までに返済が確認されると再び利用可能額の範囲内で繰り返して借り入れできるようになっています。

しかし、その日までに返したくても返せない場合があります。その問題を解決するために随時返済が採用されることもあります。随時返済では、決まった日よりも早く返済することで、返済必要額を少なくすることです。たとえば30万円の借入残高がある場合にそのままの状態で約定返済日を迎えるよりも、先に5万円を返済して25万円で約定日を迎えたほうが返済必要額は少なくなります。つまり徐々に負担を軽くできるのです。決められた返済を早めに行うということなので、約定返済のみを行うよりも返済総額は少額となります。

しかし、それでも足りなくて返済が遅れる場合があります。 業者側に伝達して、相談していく必要があります。そうしないと業者や会社側から信用を失っていきます。場合によって自宅に電話が殺到することがあり、しっかり返すまで自分を追い詰めていくこともあります。私は50万円をカードローンで借りて、返済が遅れないようにカレンダーに返済する日を書き、返済する額に計画を立てました。

このように私は金借りをする際に計画を立てる経験をしていました。自分にとってどんなに金を借り入れてもうれしいとは全く思いませんでした。金を借りたらいつかは返さなければならない、借りた人はその責任を負わなければならないとプレッシャーを感じたからです。金借りだけで生きていく人はこの世にはいないと思います。

病気の時に借りて、今は後悔しています

退院してから約三ヶ月とちょっとが経ちました。入院の理由は「統合失調感情障害」で、私がキャッシング・カードローンを使ったのもそれが理由です。

「統合失調感情障害」とは、躁鬱の症状が含まれた病気で、そのうち「躁病」の症状に「お金を際限なく使う」というものがあり、私はまさにそれでした。なので、今ではお金を借りたことをひどく後悔しています。

ちなみに使い道は水樹奈々さんのコンサート関連だったり、アニメのブルーレイディスクであったり、漫画だったり、二次創作のCD、同人誌だったりしました。

その他、日常のご飯、おかずなども買ってはいたのですが、いかんせん6人分をずっと買っていたので、バイト代を超えてもお金を使い続けていました。

そして私が本格的に体調(精神状態)が悪くなったのでアルバイトのシフトが減ってしまっても、以前と変わらないどころがそれまで以上にお金遣いが荒くなってしまい、カードローンを使う羽目になりました。

今でも「統合失調感情障害」で、それを集中して治すために労働はお医者さんから止められているので、ローンは親に払ってもらっています。情けないことですが、仕方ないと認めてもらっています。

今度、障害基礎年金でその分を支払いたいですね。